FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じたこと

中秋の名月

今日9月30日は2012年の中秋の名月

でも台風の影響で、たぶん綺麗な月を見ることは出来そうもないですね。
中秋の名月だからといって必ずしも満月になるとは限らないようですが、今年はちょうど満月だったので、ちょっともったいない感じ。
御妃名月と言われるときは、ほとんど満月か、それに近い状態です。
それはまさしく月と太陽がアスペクトしあっている状態のこと。

そもそも太陽という惑星は王様で、月は御后様。
占星術では、両方ともロイヤルな惑星とされています。
だから太陽と月はお互いに友好で仲良しな惑星同士。

仲良同士なら、コンジャンクトしたらもっと強い力を発揮するんじゃないって思うけど、
コンジャンクトすると月は新月になり、、暗い月なので凶星になってしまう。

お互いが一番遠い距離にいる時、月は太陽の光を目いっぱい受けて満月になり、吉星になり光り輝く

いくら仲良しでも、あまり近くにいると、それはそれで良くないなんて、なんだか人間みたいで面白いかもね

遠距離恋愛でも上手に付き合っている人って、もしかすると満月の時のような関係なのかな。
なーんてちょっとロマンを感じているヨコリンでした




コメント

十六夜

今日は月齢16ですね。lionは月齢16の十六夜(いざよい)という名前がと~っても好きです。

【十六夜】
月の出が十五夜よりやや遅くなっているのを、月がためらっていると見立てた。「十六夜」とは“ためらい”の意味を持つ

完全な円の満月に比べ、心もちゆがんだ円は欠点に思えてしまいますが、見方を変えただけで、なんて優雅になってしまうんでしょう…

まだ初心者で、型にはまった見方しか出来ませんが、いつか短所を長所に生かすような鑑定ができるといいなと思います。(´∀`*)


Re: 十六夜

lionさん
昨夜このコメントに気がついて、すぐにベランダから空を見上げたら、ちょうど月が真上に近い雲間から顔を出してくるところでした。
おぼろ月というような感じで、とても風情がありましたよ。
まさに月がすぐに顔を出すのを、ためらっているような雰囲気でv-280
これも「十六夜」のせいかな。

素敵なお話を書いてくださってありがとうございましたv-300
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコリン

Author:ヨコリン
横浜市在住 
インド占星術に魅せられて11年目に突入
本当にインドに行って、肌で感じて、今ではレッスンや鑑定もしています。
日常の出来事を星に関連づけて考えるのがくせ。さりげない日常の中に占星術的な思考を取り入れると面白いって思うのは私だけ?

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。