スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じたこと

近況

ブログの更新をずいぶんと怠っているヨコリンです。

そしてもう12月、今年は個人的にはちょっと大変な年だったかな。(すでに行く年来る年モード?)
以下に書くことは占星術にはほとんど関係ないですが、近況です。


    
実は昨年末から義母が体調を崩してしまったのです。
今年の1月にはいろいろな方々のサポートを受ける体制にして、なんとか乗り越えられるかなって感じでやっておりました。
こういう場面での周りの人の力というか、助けには本当に感謝、感謝

しかしそれでも人間ひとりの人生ってそんな簡単には解決していきません。
その後、母の容体はなかなか順調には回復せずに、家族がどこまで支えてあげることが出来るだろう?と最近は自問自答しながら暮らしています。
特に母は岐阜に住んでいて、私たち夫婦は横浜にいるので、行ったりきたりの日々が続き、なんだか私も目が回る~しね。

この生活は2年くらい前にラオ先生にもご指摘いただいていたことで、
「日本の距離感はよくわからないが、自宅と母親の住むところを行ったり来たりするだろう、そして時には長く自宅を離れることもあるだろう」と。
そう、まさにおっしゃっていただいたとおりの暮らしなんです。
年末も横浜での用事がいくつかあるので、当分は頻繁に動き回ることになるかなぁ。

そうそうヨコリンはつい最近まで12Lのアンタラダシャーだったのです。
この時期はインドに行って占星術も学ぶことが出来たけれど、その後は母の病院通いとか、施設に出かけたり、義父と義妹の納骨をしたりと、なんだか12室のテーマが目白押し
こういうときはチャラダシャーでも同じようなことが出ているし、やっぱりすごい。

でも、人生の中で自分が責任を持ってやらなくちゃいけないイベントをたくさん抱えているときは、自分のホロスコープを見ている暇もないのが現実です。
それに自分の事って、やっぱりなかなか冷静に分析出来ない。

だから、今のような時は自分が本来やるべきこと、ひとつひとつに集中すればいいのではないか、それが一番しっかりと生きることになるのではないかと思います。
そもそも占星術って勉強すればするほど、過去でも未来でもなく、まずは今を生きることが大切だということに気づかせてくれる側面があるし。

というわけで、最近は環境の変化に馴染みながら、現実と向き合っているヨコリンでした


コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコリン

Author:ヨコリン
横浜市在住 
インド占星術に魅せられて11年目に突入
本当にインドに行って、肌で感じて、今ではレッスンや鑑定もしています。
日常の出来事を星に関連づけて考えるのがくせ。さりげない日常の中に占星術的な思考を取り入れると面白いって思うのは私だけ?

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。