FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評

占星術の本

実はこの夏はヨコリンの弟が入院したために、暑さよりも身内の心配ばかりが気になる日々を過ごしてる。
心配は役に立たないし、だからといって占星術でどうこうするという場合でもなく、でもなんとなく落ち着かないの。
そんな気分の中で、気持ちを落ち着かせてくれたのが、清水先生が最近翻訳してくれたばかりの電子ブック、「祈りの力 インド占星術モノグラフ」でした。

この本の著者はお医者さんの占星術家なので、病気の症例を扱いながら、占星術的な見解もあり、そして人類に残された祈りの力について書かれています。(なんといっても医者で占星術家っていうのがすごいです。)
この本の魅力は、単にインド占星術の技法だけでなく、私たちには、何か大きな力が働いていると感じさせてくれる、スピリチュアルなところかな。

祈りに関係する本だといっても、宗教の押しつけではなく、ラオ先生がこの本に寄せた言葉に「どの宗教を信じるかは関係ありません」と書いてます。そして誠実に祈って病気が完治したケースを占星術観点と医師が医学の観点から分析するということの大切さが書かれています。

インド占星術の勉強って、とても面白いので夢中になると、すべての事を占星術で解読しようとしてしまう。
そしていつの間にか自分でも安定した鑑定が出来なくなってしまいがち。うっかりすると謙虚さを忘れてしまうので危険です。
この本はそんなことを考えさせてくれる一冊じゃないかなって思いました。

夏休みに涼しいお部屋を用意して、のんびり読書するのもよいかもね


コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコリン

Author:ヨコリン
横浜市在住 
インド占星術に魅せられて11年目に突入
本当にインドに行って、肌で感じて、今ではレッスンや鑑定もしています。
日常の出来事を星に関連づけて考えるのがくせ。さりげない日常の中に占星術的な思考を取り入れると面白いって思うのは私だけ?

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。